RSS  Twitter

亡命

元気ないです

北朝鮮からの脱北者が海上保安庁に救助された、というニュースを見た。乗っていたボートには食料として米とキムチが積まれていたという。

北朝鮮の人にとってキムチというのはいわゆるソウルフード的なものなのだろうし、米を積んでいくならおかずもあったほうがいいという気持ちはよくわかるが、長期にわたって海上を漂流する可能性もある亡命の船においてキムチには明らかなデメリットがいくつかある。

  • におう
  • 常温だと発酵が進む
  • 壺とかに入れるのでかさばる
  • からくてしょっぱいのでごはん(貴重な食料)をつい多めに食べてしまう
  • からくてしょっぱいので貴重な飲料水をつい多めに飲んでしまう

そもそも米はといだり炊いたりするのに大量の水が必要なので亡命には向かないのではないか。

ふりかけトーストなんかにしておくといいかもしれない

スポンサーサイト



見送り

だいぶごぶさたです。特に何事もない

結婚式場の前を通ったら、ちょうど打ち合わせを終えたと思われるカップルが出てきた。式場の従業員の人はカップルの姿が見えなくなるまでじっと見送るのである。

ケニアのサバンナに住むマサイ族の人は1km先のシマウマのオスとメスを見分けられるほど視力がいい、などという話を聞いたことがある。マサイ族出身の人がこの結婚式場のスタッフだったら相当長時間にわたって見送りを続けることになるだろう。「お前いつまで見送ってるんだ、早く戻れ」と注意されたら、「いやお客様がまだいらっしゃるじゃないですか」と1km先を指差す。

結婚式場に就職して上司がマサイだったりすると苦労するかもしれない