RSS  Twitter

おみやげをかいに

この記事のタイトルは、新見南吉『てぶくろをかいに』へのオマージュ。しかしあの名作もメキシコで読んだら気分が出ないと思う。

さてプエブラ最終日。エル・パリアン(El Parián)という、土産物店が集まる観光客向け市場へ行ってきた。

この日も天気がよくてね。

Puebla
青空と町並みのコントラストに目を奪われる

Puebla
メキシコならではの色彩

個人的に買ったものは、ガラス細工のサボテンが中に入っているテキーラグラスと、唐辛子のピクルス瓶詰。あと、コーヒーカップで縦半分に切った形(上から見ると半月形)になっていて、裏に「カップ半分のコーヒーを頼んだんでしょう!」と(スペイン語で)書いてあるのがあって、これはネタになるかな、と思ったのだが、考えてやめた。今冷静に考えてみるとそんなに面白くない。

Puebla
疲れていたせいか、写真を撮ってないので絵で説明

観光地独特の浮かれた雰囲気にやられていたんだろう。これだけ天気がいいと、何でも楽しそうに見えてしまうから困る。

Puebla
たとえ手をちょん切られていたとしても楽しそうに見えてしまう

コメントを書く