RSS  Twitter

オバマバーガーを思う

ペンタブより先にフォトショを買おうかな。


さて、アメリカ大統領選候補のオバマ上院議員の応援で盛り上がる福井県小浜市。オバマ議員人気にあやかってか、「オバマバーガー」の試食会が行われたとのこと、今日のニュースでやっていた。特産の鯖などを使ったハンバーガーだそうだ。この件について皆さんも感じているであろう一抹のもやもや感を、この欄で整理してみたいと思う。

小浜市側の思惑としては

  • 大統領選候補者の名前が、地元の地名と同じ
  • あやかりたい。町おこししたい
  • 地元特産の鯖をPRしたい

というのがあるものと推測される。しかしここで問題となるのが、オバマ議員と小浜市はつながるとしても、小浜議員と鯖は直接つながらない、という点である。オバマ議員と鯖をつなげるには、少なくとも次の2段階を経なくてはならない。

オバマ議員→(同名)→小浜市→(特産)→鯖

よそ者から見ると、小浜市の特産が鯖であることは必ずしも自明ではない。そのため、目に見えている事態が「オバマ議員の名を冠したオバマバーガーの具は、鯖」という状況になってしまっている。そこでどうも唐突感が拭えないのだ。これは、クリントン上院議員にあやかって茨城産の栗をPRしたい、という架空の例と比較してみるとよく分かる。

クリントン議員→(似てる)→栗→(特産)→茨城

これだと、茨城が栗の産地であることが伝わらないという最悪の事態に陥ったとしても、「クリントン - 栗」という部分はつながるので、それほど不安をかき立てることにはならないのだ。


冒頭「皆さんも感じているであろうもやもや感」と書いたが、ここまで書いてみて、誰もこんなこと感じてないんじゃないか、と思った。でも自分としては、ずっと胸につかえていたものを吐き出した気分で満足でした。今日はそういう日でした。

コメントを書く