RSS  Twitter

e-oneと電子名刺と五反田駅の話

無関係に3つ。<hr>で区切るのをやめてみる。


e-oneって知ってますか。SOTECが20世紀末に発売したパソコンで、Appleから当時のMacにデザインが似ているとかで訴えられて販売中止になったという代物だ。で、21世紀も7年目を迎えた今、Google先生によると「e-one=1.71828183」なのだそうである。それはあれだ、「e(自然対数の底)マイナス1」だ。数学苦手なのでこの辺で。


ペーパーレス化を進めるなら、真っ先にすべきは名刺の電子化であると思う。メールでやりとりするとか、PDFにするとかいう話ではなくて、携帯に名刺機能をつけてほしいのだ。電子名刺専用端末みたいなのでもよい。そして交換は赤外線通信。合コンっぽいか。


五反田に行った。五反田の駅前も何だかんだでいっつも工事していて、歩道橋からちらっと覗けるのだが、そこに「墜落災害絶滅」という標語が掲げてあった。事故ではなく災害。撲滅ではなく絶滅。独特の語感だと思ったのは俺だけか。今度行ったら写真を撮っておきたい。


コメントを書く