RSS  Twitter

「ちょっと見てきて」をできるだけたくさん見てきた

デイリーポータルZの人気コーナー「ちょっと見てきて」は、自分の気になっている場所を投稿して近くの人に見てきてもらうという企画。全国から「見てきた」報告が集まるのを見ると楽しいけど、誰にも見てきてもらえない投稿が残っていることもあってちょっと気になる。

「ちょっと見てきて」のルールを見ると

善意だけで成り立ってますので、誰かが見てきてくれるとは限りません(誰も見てきてくれないじゃない!ってキレないでください)

まあ、この企画の性質を考えればそれは仕方ないことなのだ。とは言え、自分が投稿したのが放置されていたら、やっぱりちょっとだけ寂しい気持ちになるだろう。

暇な休日を利用して、いろんな人の見てきてをまとめて見てきました。

(0) はじめに:ルールの策定

いろいろ見てくるにあたって、簡単な自主ルールを決めた。悪気はないのだが、昨日風邪ひいてしまったし(風邪ひかなければ、この企画は昨日の予定だった)、体力的・金銭的に無理のない範囲で回りたいし、というような自分勝手な動機から

  • 制限時間は6時間
  • 都内の電車の駅から徒歩で行けそうな場所に限る

の2点を最初に決めた。加えて、今回の趣旨から

  • 出発する時点で誰も見てきてくれた人がいない場所に限る

とした。では、出発しましょう。

(1) 釜屋公園の石碑の裏側に植えたローズマリー

「心の岸辺に咲いた赤いスイートピー」みたいな感じで(適当)、何やらロマンチックなタイトルだが、これを1番に選んだのは自宅から割と近いということが理由だ。投稿者ずんさんのコメントはこちら。

釜屋公園の石碑の裏側に植えたローズマリー

去年引っ越すときに連れて行けなくて、数年暮らしを
共にしたローズマリーをコッソリ埋めてきました。
石碑(窒素リン酸とか何とか書いてあるやつです)の
裏側、科学技術高校との間です。

数ヶ月後に一度見に行った時は、まだ元気にやって
ましたが、多分もう抜かれたり枯れたりしてるんじゃ
ないかと思って・・・

俺も自宅でアボカドを育てているけど、今では高さが150cmくらいになってしまっているので、引っ越すとなったらきっと連れて行けないだろうと思うと寂しい気がする。投稿者の方も、公園にローズマリーを置いてきたときはさぞかし後ろ髪を引かれる思いであったに違いない。

よし、見に行くよ。

画像:ちょっと見てくる
都営新宿線西大島駅前

写真右奥のほうへ向かって走るのが新大橋通り、この地下を都営新宿線が走っている。問題の公園はこの右奥を進んだ先の川の近くにある。

画像:ちょっと見てくる
ガードをくぐる。いい天気です

画像:ちょっと見てくる
福祉用具を使うピクトさん

画像:ちょっと見てくる
川が見えた。もうすぐ

こうして、投稿者の方がローズマリーを植えたという石碑の裏に着く。そこには・・・

画像:ちょっと見てくる
石碑の裏に

画像:ちょっと見てくる
ローズマリー、ローズマリー・・・

ない。がーん。

いちおう、俺もローズマリーの実物を見たことはあるので、あったら気づくはずだ。でもここにはなかった。ずんさん、ごめんなさい。もしかしたら、誰かが見つけて持っていってしまったのかもしれない。何だかローズマリーを守ってやれなかったみたいな気分だ。

mission 1: 釜屋公園の石碑の裏側に植えたローズマリー
結果: ありませんでした
コメント: きっと心優しい誰かに飼われて幸せに暮らしているよ

投稿者の方がこれにめげずに、また別のローズマリーを育ててくれているといいですな。

画像:ちょっと見てくる
悲しみを乗り越えて次なる目的地へ

(2) 住宅地にあるたくさんのまるい物

続いては投稿者あすかさんのこちらの物件。

住宅地にあるたくさんのまるい物

グーグルアース(衛星写真)で江戸川区内の住宅地をみていたら、たくさんの銀色のまるいものが土地いっぱいにある場所を見つけました。たくさんの家が建っている住宅地ですので、ゴミとも思えませんがなんでしょう?
気になるので、見に行って写真を撮っていただけるとうれしいです。衛星写真はここにあります。
http://google-earth-travel.net/mercury/0806080002.html

よろしくお願いします。

特に思い入れがあるわけではなく、何となく気になって、ということのようだ。でも航空写真を見るとドラム缶を大量に並べたような雰囲気で、確かにこれは気になる。国家機密とかだったらどうしよう。見に行きましょう。

画像:ちょっと見てくる
都営新宿線篠崎駅前

地図を見ると最寄駅は都営新宿線の終点1つ手前にある篠崎駅。地図で見る限りかなりの距離があるようだが、この暑い中、病み上がりの人が徒歩で大丈夫か。

まあ、大丈夫じゃないと言われたところで徒歩以外の移動手段があるわけでもない。

画像:ちょっと見てくる
駅にあった地図に距離感を書き込んでみる。余計分かりにくいかもしれないが、まあ1km前後かな、といった趣

画像:ちょっと見てくる
俺の場合、熱中症なんかより方向音痴のほうが問題なのだ。ひとまず高速道路を目印に

画像:ちょっと見てくる
コンビニを見下ろす巨大なコンクリートミキサー。かっこいい

画像:ちょっと見てくる
江戸川区は千葉県との県境にある。これで東京23区内か、と思わせるのどかさ

画像:ちょっと見てくる
国道14号から、住宅街のほうへ入っていく

30分近く歩いただろうか。暑い暑い。目的地はすぐそこだ。どうなんだ。あるのか。

画像:ちょっと見てくる
閑静な住宅街の中。写真撮ってる俺が怪しい

画像:ちょっと見てくる
あれ?

場所は確かにここで間違いないのだが、貸しコンテナ置き場になっていた。これを上空から見たらドラム缶を並べたように、見えるわけがない。どんなトリックアートだ。

おそらく、このコンテ置き場ができる前は、ここに何らかの資材置き場的なものがあったのだろう。もしかしたらコンテナを設置するための作業に必要なものを大量に並べておいたのかもしれない。いずれにせよ、Google Map の航空写真がまだ最新の状況を反映していないのだ。

ということで、あすかさん、Googleより早く世の中の最新の動向にキャッチアップすることができました。極めてローカルな動向だけどな。

mission 2: 住宅地にあるたくさんのまるい物
結果: 違うものがありました
コメント: 国家機密じゃなかった

ネットを捨てよ、外に出よ、ってことか。違うな。ネットがなきゃこの企画自体成り立たない。

で、戻るんですが。

画像:ちょっと見てくる
これが東京23区内、都営バスの時刻表なのか

歩き疲れたのでバスに乗って篠崎駅まで戻ろうかと思ったところ。都営バスが1時間に1~2本しかないのだ。この時点で午後2時を回っているが、昼食をまだとっていない。

画像:ちょっと見てくる
ぎゅうどん・・・

しかし次のミッションのために、ここで牛丼を食うわけにはいかないのだ。篠崎駅から都営新宿線で30分、市ヶ谷へ向かった。

(3) 市ヶ谷青春の中華料理屋かわかみ

画像:ちょっと見てくる
市ヶ谷駅前に到着。陰り始めた日差しに自分の心情を投影してみる

最初から2つ続けて「あったよ!」と言えない微妙な立ち上がりになってしまった。この企画の雲行きも怪しくなってきたところだが、次へ行こう。投稿者やまちゃんさんの、こちら。

市ヶ谷青春の中華料理屋かわかみ

学生時代に昼メシを食べによく行った中華料理屋さんです。
おすすめは『香港飯』ご飯の上に回鍋肉と半熟タマゴが乗せてある…とにかくうまかった。
もういちど食べに行きたいけれど遠いのでできれば現存してるか確認したいのでお願いします。

このおすすめメニューを食べて確かめるために3時過ぎまで昼飯を我慢したのだ。これでなくなってたら相当ダメージが大きい。頼む。現存していてくれ。

画像:ちょっと見てくる
この坂を上った先にあるらしい

この先は上智大学の市ヶ谷キャンパスがある場所。投稿者の方は上智大学の卒業生なんだろうか。何十年前とかの話じゃないといいのだが。

画像:ちょっと見てくる
のぼる

腹減りました。そして、ついに。

画像:ちょっと見てくる
あったよ!やったよ!

投稿者の方の思いに応えてあげられた以上に、予定通り飯が食えるのが嬉しい。何てやつだ自分。でも空腹には勝てんのだよ。食べましょう。その香港飯とやらを。

画像:ちょっと見てくる
これは絶対うまい

投稿にも書いてある通り、ご飯に回鍋肉と半熟の目玉焼きをのせたもの。「ハズレがない」という表現が合う、確実性の高いうまさだ。長時間歩いて疲れた後にこういうしっかりメニューはよい。

画像:ちょっと見てくる
ごちそうさまでした

ところで、何で「香港飯」なのだろう?香港にはこういう定番メニューがあるのか、それとも天津飯みたいに「関係ないんだけど何となく」決まった名称なのだろうか。確認してこなかった。メニューには漢字ではなくカタカナで「ホンコン飯」と書いてあったので、「ホイコーロー飯」を「ホイコー飯」と略しているうちにいつの間にか「ホンコン飯」になってしまったという説を個人的に考えた。やまちゃんさん、もし再訪するのでしたら聞いてきてください。

mission 3: 市ヶ谷青春の中華料理屋かわかみ
結果: ありました
コメント: 飯食えて嬉しい

腹も満たされ、次のミッションへ。次で最後です。

(4) お年玉を握り締めて通ったおもちゃ屋さん

最後は中央線で西荻窪へ。投稿者うららまさみちさんのこんな思い出を見てきますよ。

お年玉を握り締めて通ったおもちゃ屋さん

西荻窪駅から、こけしやのある通りを五日市街道方向にすすんだところに、「ありあけ」というおもちゃ屋さんがあったと記憶しています。
祖父の家が近くにあったので、正月に集まった親戚からいただいたお年玉を握り締めて、おもちゃを買いに走りました。
祖父や祖母も亡くなり、ここ20年くらいはまったく西荻窪駅には行っていないので、どんな様子になったかとても知りたいです。
どうぞよろしくお願いします。

最後を締めくくるにふさわしい、いい話じゃないか。見に行こう。20年以上経過しているというのが気がかりだが。

画像:ちょっと見てくる
西荻窪駅にやってきた

駅ビルも新しくなり、再開発が進む予感のある西荻窪。昔ながらのおもちゃ屋は健在だろうか。

まずは目印のこけし屋を発見。

画像:ちょっと見てくる
こけしではなく洋菓子を売る店らしい

ここから南へ向かってまっすぐ。商店街がある。

画像:ちょっと見てくる
おもちゃ屋はないか

画像:ちょっと見てくる
ないか

ない。

日曜で閉まっている店も多かったので、できるだけゆっくり歩いて店の名前を確認したのだが、見当たらない。

画像:ちょっと見てくる
隣の通りも

画像:ちょっと見てくる
反対隣の通りも

ひととおり見て回った。昔ながらの住宅街は意外にもたくさん残っているのだけれど、おもちゃ屋はなかった。無念。うららまさみちさん、すみません見つけられませんでした。シャッターも降り、看板も塗りつぶされて完全に閉店した店をいくつか見かけたので、もしかしたらその中のひとつが投稿者の方の思い出の場所だったのかもしれない。

mission 4: お年玉を握り締めて通ったおもちゃ屋さん
結果: ありませんでした
コメント: 思い出はいつまでも胸の奥に

(5) まとめ

いろんな人の思い出や気になる場所を見ていると、その場所に何の思い入れもなかったはずの自分も、ついつい一生懸命になって探してしまった。こんな形で投稿者の方々の思いを拾うことができていればいいのですが。

画像:ちょっと見てくる
おまけ。西荻窪駅の、何とか立っている感じの縦書き

  • Kaz
  • コネタ道場からきました。
    お疲れ様でした! こんなに誠心誠意をもって見てきてくれる方がいるなんて、ちょっぴ感動しました。
    次回はぜひ地方に言って「ちょっと見てきて」をみてきてください(笑)。 

    P.S. 新潟なんぞはいかがでしょうか。
  • 2008/06/20
  • rattus rattus
  • ありがとうございます。自サイトのネタにしてしまいましたが。それで今週末は愛媛なのでもし何かあったら見てこようと思います。
  • 2008/06/20

コメントを書く