RSS  Twitter

飲酒運転

暗い気持ちになりたいときはリクナビを見る

自動車教習所で、飲酒運転の危険を身をもって体験するために酒を飲んでから教習コースを走ってみる、という企画があったらしい(ニュースで見た)。

コースに出る前にワインとか焼酎とかひとしきり飲む、というイベントのメイン部分はもとより、まっすぐ走れなくて縁石に乗り上げるとか、バックで車庫入れしようとしてこすってしまうとか、どうあがいても楽しそうにしか見えない。ニュースのインタビューに答えてた人は「飲酒運転の怖さがわかった」などと言っていたが、それ以上に飲酒の楽しさもわかったんではないかと思う。あるいは(飲んでるので)翌日になると記憶が曖昧、とかそんな感じだ。

でも「飲酒運転の撲滅を願って乾杯」という乾杯の音頭は前衛的でいいと思った。

コメントを書く