RSS  Twitter

70%

保存せずに閉じる症候群とか、ないもんでしょうか

ところでビール好きの人に言わせるとビールと発泡酒はぜんぜん味が違うんだそうである(ぼくは酒が飲めないのでよくわからない)。とは言いつつも、やはり酔いが回ってくるとだんだん違いがわからなくなってくる、とのこと。

つまり発泡酒業界の次の一手はアルコール度数をものすごく高く(70%とかに)することではないんだろうか。飲んですぐ酔いが回るようにすることで、味にうるさいビール党の取り込みを図るわけだ。

ただ発泡酒だけ強化するとかえってビールとの味の違いを広げることになってしまう。そこで並行してビールのアルコール度数も70%くらいにするとよいだろう。

結果としては、日本が平和になると思う。

コメントを書く